ボルドー格付け&生産地

シャトー ラネッサン 2006 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 HOT,限定セール

CH.ラネッサン 2006年 (デルヴォー・ブーティエ)  サン・ジュリアン村の南に隣接するキュサック・フォール・メドック(古くはキュサック)にあるCH.ラネッサンは、40haという広さのブドウ畑を所有し、場所的には CH.ベイシュヴェル と CH.デュクリュ・ボーカイユー の畑に囲まれ、またCH.ラシェネーの畑と並び、AOCオー・メドックの中でも傑出したワインとして、第5級にも匹敵するという高い評価を受けているブルジョワ・シュペリュール級のシャトーです。 キュサック・フォール・メドック(古くはキュサック)にあるシャトーラネッサンは、サンジュリアン地区に隣接する40ヘクタールという広さのブドウ畑を所有し、場所的にはベシュベルとボーカイユーの畑に囲まれています。またラシェネーの畑と並んでいます。 1310年1月15日まで遡る非常に厳重に保管された記録のある古い歴史を持ちます。 イギリス国王エドワードの統治時代、ギエンヌ公爵、モンターニュのペロンヌ姫、ラネッサンのヘンリーの未亡人はその所有地をブレニャンの領主に売りました。 1793年5月17日からデルボー家がこの古い歴史あるシャトーの所有者となり、1855年のメドック地区の格付けが行われた際、当時第4級に匹敵する高い評価を得ていながら、当時の当主ルイ・デルボーがその自信ゆえに、審査用のワインが提出しなかったために、格付けを逃しています。 再度の格付けが行われる場合、昇格シャトー候補の最右翼として見られている非常に、実力のあるシャトーでもあります。 現在は、ラベルにも「デルボー・ブーティエ」と表記してあるように、ブーティエ家の所有下にあります。 ワインの熟成に新樽使用率が非常に低く、古い樽を用いているのが特徴的なシャトーで、その深みのある色合いと、たくましくてスケールの大きな枠組み、噛み応えのある舌触りの強烈な味わいに富んだワインを産み出しています。 2003年のブルジョワ級の格付け見直しにおいて、ブルジョワ級の中で三つに分類された中位、シュペリュールに昇格しています。(・・・ブルジョワ級シャトー一覧) Chateau Lanessan 2006 / Delvos Bouteiller Bordeaux Red Dry シャトー ラネッサン(デルヴォー ブーティエ) 格付け ボルドー・オー・メドック地区格付ブルジョワ級(1932年) ※2003年の格付け見直しで、ブルジョワ・シュペリュール級に昇格 A O C オー・メドック 畑位置 キュサック・フォール・メドック村 畑面積 40ha 年間生産量 平均約 2万ケース 平均樹齢 25年以上 ブドウ品種 平均:カベルネ・ソーヴィニョン75% メルロ20%     カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5% 収 穫 全て手摘み 醗 酵 温度調節つきコンクリート製タンクで12~18日間の醗酵とマセラシオン。 醗酵槽でマロラクティックを実行し、オーク樽へ移行。 熟 成 オーク樽(新樽率5%)で18~30ヶ月間 諸処理 清澄処理・濾過処理ともに実施。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 深みのある色合いと、たくましくてスケールの大きな枠組み、噛み応えのある舌触りの強烈な味わいに富んだスタイルの長期熟成タイプ。 料理 チーズ 牛のヒレ肉の網焼きや牛ヒレのステーキ・バターソースや赤ワインソース、牛赤身肉のカツレツなどが合う。 チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。 セカンド なし

シャトー ラネッサン 2006 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 HOT,限定セール —— 2,400円

ボルドー格付け&生産地

シャトーカロンセギュール 2004 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 2014,大得価

★古典的スタイルのエレガント作品★ CH.カロン・セギュール 2004年  1855年のメドック地区格付 け第3級 に制定されてアCH.カロン=セギュールは、ローマ時代に遡る歴史があり、12世紀にポワティエの司教だったカロン卿に与えられ、この頃サン=テステフの村は、「デ・カロネス」と呼ばれていました。 17世紀の終わり、「ブドウの木の王子」と呼ばれ、ラフィットとラトゥールを所有していたニコラス・ド・セギュール候が、カロンを手に入れました。 実際、ラベルにデザインされているハートは、カロン・セギュールのモットーが記してあり、それは、ニコラス・ド・セギュール自身に由来すると言われています。     「我、ラフィットをつくりしが、我が心カロンにあり」 シャトーとしての名声を確立したセギュール侯の口から出た言葉に、友人達が驚ろいたと伝えられており、カロンに対する彼の思い入れが、現在もラベルやシャトーのいたるところに見受けられるハートの図案に今も生き続けています。 以前は、モンローズとフェラン・セギュールもカロンの一部でしたが、シャトーは、何世紀にもわたって分割されていました。 1986年より、フィリップ・カベルン・ガスクトンに所有され、彼の未亡人がシャトーに居住しています。(・・・詳細&一覧へ) ※ボルドー赤2004ヴィンテージ情報:  2004年はボルドーにとって理想的とはいえなかったものの、北部メドックからはより輝くワインが誕生。 ※WA:89点 / WS:90点  (詳細はこのページ下方にあります。) Chateau Calon Segur 2004 / Bordeaux Red Dry シャトー カロン セギュール 格付け ボルドー・メドック地区格付第3級(1855年) A O C サン・テステフ 畑位置 サン・テステフ村 畑面積 55ha 年間生産量 2004ヴィンテージ:17,500ケース(平均:約 24万本) 平均樹齢 35年以上 ブドウ品種 2004ヴィンテージ:    カベルネ・ソーヴィニョン80% メルロ20%  (※平均:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロ40%、カベルネ・フラン15%) 収 穫 全て手摘み 醗 酵 *伝統的な方法で3週間醗酵。 *全量の20%を新大樽でマロラクティック醗酵させ、残りは18~20ヶ月間醗酵槽でマロラクティック醗酵。 熟 成 オーク樽(新樽率30%)でk熟成 諸処理 清澄処理されるが濾過処理はない タイプ 赤のフルボディ 特 徴 柔らかく豊かな果実味に溢れ、上品な酸味と滑らかなタンニンのバランスが素晴らしく、おおらかでとても飲みやすく、また、長い余韻の中に果実の風味が存在するスタイル。 また、サン・テステフの中でも伝統的なスタイルで、成長し花開くまで時間のかかる長命なタイプのワインを産出している。 料理 チーズ 牛のヒレ肉の網焼きや牛ヒレのステーキ・バターソースや赤ワインソース、牛赤身肉のカツレツなどが合う。 チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。 セカンド マルキ・ド・カロン 2004 ヴィンテージ 情報 ヴィンテージチャート:18/20点 WSヴィンテージチャート:86~89点 アドヴォケイト・ヴィンテージガイド:87点   2004年はボルドーにとって理想的とはいえなかったものの、パーカー氏が、「ワインバイヤーや愛好家のためのヴィンテージ」と語っており、より輝くワインが誕生した 北部メドック 、マルゴー、グラーヴ、ポムロールなどを成功した産地として列挙。 ※ボルドー委員会2004ヴィンテージ情報: 「良好な年」  2004年のボルドーの天候は全般に穏やかでしたが、8月の長雨など、やや懸念されることもあり、また、6月と9月の気温は過去30年平均を上回り、9月はブドウの成熟に好条件で、このヴィンテージでは大切なことですが、収穫量をコントロールできた生産者は、とても良く凝縮したブドウが収穫できました。 2004年のボルドーの赤ワインは、タンニンがしっかりとした構造で、丸みがあり、豊かで複雑な中に、果実の芳香が重なり合って現われている、 古典的なボルドースタイル に戻りました。 パーカー氏評価(2007.6):89点  この古典的なスタイルのクラレット(フランスのボルドー産赤ワインの総称)は、この地所のトップヴィンテージとに太刀打ちするための十分な凝縮感に欠けていたので傑出した評価に値しませんでしたが、暗いルビー/プラムの色をして、ローストしたハーブ、甘いチェリーとカラント、ローム質の土っぽさが見事に発達した趣を見せ、適度な重さをと軽めな穏やかなタンニンを備えた 優美なスタイル です。 また、この数年間で太るならば、僅かながら評価の上昇に値するかもしれません。 予想飲み頃は、2007年から2018年あたり。 スペクテーター誌評価(2007.3.31):90点  カラントの茂みとベリーの鮮烈な芳香が薔薇の花の香りへと変わり、重厚でコクがあり、タンニンはシルクのように滑らかで、余韻には花のような、葉のような、果実のような風味が感じられ、時間も必要です。 予想飲み頃は、2011年あたり以降にベストへ。

シャトーカロンセギュール 2004 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 2014,大得価 —— 13,000円

ボルドー格付け&生産地

シャトーラフィットロートシルト 1970 年 楽フェス ポイント2倍 驚きの破格値,100%新品

CH.ラフィット・ロートシルト 1970年 ■CH.ラフィット・ロートシルト■  メドック地区四大シャトーのひとつで、いつの時代もメドック地区、強いては、ボルドー・ワインの筆頭として君臨しています。 シャトーが小高く盛り上がった地形の場所にあることから「ラフィット(小さな丘)」と名づけられ、18世紀にはすでに、ルイ15世の寵妃ポンパドール夫人に愛されたワインとしてベルサイユ宮殿の晩餐を飾っていたことで有名。 早くも1815年の時点でアブラハム・ロートンは、このワインを筆頭に指定し、自らが1855年に一級に格付けた「3つ(の一流のワイン)のうちで、このワインを最も素晴らしいボディを備えた、最も優美で繊細なワイン」と位置づけています。 1868年から現在のロスチャイルド家の所有となり、1975年に、現オーナーのエリック・ロートシルトがパリからポイヤックへ住まいを移し、積極的に経営に乗り出し、それと同時に、エミル・ペイノー博士の指導を請い、ブドウの熟度を高め、3年かかっていた樽熟期間の短縮化、瓶詰めの短期間化などの改善を行い、過去のシャトーの歴史と伝統に甘んじることなくブドウとワインに情熱を注ぎ続けています。 すべてのヴィンテージに共通するシャトー ラフィット・ロートシルトの特徴として、「・・・いずれにせよ、すべてのシャトー ラフィットのワインは、アーモンドとスミレの香りがする!」と一言で的確に表現したのは、知識豊かなワインの愛好家で、現在ではフランス国内においてもラ・ターシュと共に購入したいフランスワインのトップに上げられていると言われます。(・・・詳細&一覧) ※ボルドー赤1970ヴィンテージ情報:  ボルドーの1970年は、戦後最初の収穫量も、高品質で生産量も多いダブルの偉大なヴィンテージ。 ※WA:85点   (詳細はこのペ-ジ下方を御覧下さい。) 1970 Chateau Lafite Rothschild / Bordeaux Red Dry シャトー ラフィット ロートシルト 格付け ボルドー・メドック地区格付第1級(1855年) A O C ポイヤック 畑位置 ポイヤック村およびサン・テステフ村 畑面積 100ha 年間生産量 平均:約 1万8000~2万本(※全生産量の1/3がグラン・ヴァン用) 平均樹齢 45年以上 ブドウ品種 平 均:カベルネ・ソーヴィニョン80~95%  メルロ5~20%      カベルネ・フランとプティ・ヴェルド0~3% 収 穫 全て手摘みで完全除梗 醗 酵 ステンレス鋼と木の醗酵槽で18~25日間 熟 成 オーク樽(新樽率100%)で20ヶ月間  (※樽製造所を所有しており、自らの葡萄園で使用する樽を製造。) 諸処理 3ヵ月後との澱引き作業と瓶詰め前に卵白による清澄処理が行われ、わずかに濾過処理。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 伝統的な手法で醸造されたワインは、香り高い芳香と品格をもち、酸味のバランスのとれた繊細でエレガントな喉越しが女性的なスタイル。 熟成と共に複雑な味わいになり、洗練された喉越しと長い余韻のあるタイプ。 セカンド カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト 1970 ヴィンテージ 情報 ヴィンテージチャート:19/20点  ボルドーの1970年は、戦後最初の収穫量も、高品質で生産量も多いダブルの偉大なヴィンテージで、1962年~1982年の20年間でもっとも人気の高いヴィンテージのために非常に価格も高め。  1970年のボルドーでは春の訪れが遅かったが、良好な気象条件で開花を迎え、7月は猛暑で乾燥し、8月は時々暑いがあったものの、大体にとても7涼しく雨がちで、9月になると嵐に始まり寒くなりましたが、すぐに回復し、収穫期を通じて長い晴天に恵まれました。 パーカー氏評価(1996.6):85点  西洋杉、鉛筆、干した赤い果実と黒い果実、スパイスの混ざり合った古典的なラフィットらしい香りがあります。。

シャトーラフィットロートシルト 1970 年 楽フェス ポイント2倍 驚きの破格値,100%新品 —— 46,000円

ボルドー格付け&生産地

シャトーラフィットロートシルト 2006 年 750ml フランス ボルドー赤 楽フェス ポイント2倍 新作入荷,新作入荷,HOT

★厳しい選果(42%)がもたらした劇的に素晴らしい作品★ CH.ラフィット・ロートシルト 2006年 ■CH.ラフィット・ロートシルト■  メドック地区四大シャトーのひとつで、いつの時代もメドック地区、強いては、ボルドー・ワインの筆頭として君臨しています。 シャトーが小高く盛り上がった地形の場所にあることから「ラフィット(小さな丘)」と名づけられ、18世紀にはすでに、ルイ15世の寵妃ポンパドール夫人に愛されたワインとしてベルサイユ宮殿の晩餐を飾っていたことで有名。 早くも1815年の時点でアブラハム・ロートンは、このワインを筆頭に指定し、自らが1855年に一級に格付けた「3つ(の一流のワイン)のうちで、このワインを最も素晴らしいボディを備えた、最も優美で繊細なワイン」と位置づけています。 1868年から現在のロスチャイルド家の所有となり、1975年に、現オーナーのエリック・ロートシルトがパリからポイヤックへ住まいを移し、積極的に経営に乗り出し、それと同時に、エミル・ペイノー博士の指導を請い、ブドウの熟度を高め、3年かかっていた樽熟期間の短縮化、瓶詰めの短期間化などの改善を行い、過去のシャトーの歴史と伝統に甘んじることなくブドウとワインに情熱を注ぎ続けています。 すべてのヴィンテージに共通するシャトー ラフィット・ロートシルトの特徴として、「・・・いずれにせよ、すべてのシャトー ラフィットのワインは、アーモンドとスミレの香りがする!」と一言で的確に表現したのは、知識豊かなワインの愛好家で、現在ではフランス国内においてもラ・ターシュと共に購入したいフランスワインのトップに上げられていると言われます。(・・・詳細&一覧) ※ボルドー赤2006ヴィンテージ情報:  ボルドーの2006年は春に暑く、夏に涼しかった年で、心地よいタンニンを備えた確実に熟成向きの赤ワインが誕生し、ラフィット・ロートシルトの2006年は寒く湿った冬につづいて比較的好天の春および夏を迎え、着色期は早めで素晴らしい熟成が得られ、9月中旬の大雨により収穫作業日程には混乱が見られました。 ※WA:91~96点 / WS:92~94点  (詳細はこのページ下方にあります。) 2006 Chateau Lafite Rothschild / Bordeaux Red Dry シャトー ラフィット ロートシルト 格付け ボルドー・メドック地区格付第1級(1855年) A O C ポイヤック 畑位置 ポイヤック村およびサン・テステフ村 畑面積 100ha 年間生産量 2006ヴィンテージ:全量の42% (※平均:約 1万8000~2万本) 平均樹齢 45年以上 ブドウ品種 2006ヴィンテージ:   カベルネ・ソーヴィニョン82%   メルロ16%  プティ・ヴェルド2% (※平均:カベルネ・ソーヴィニョン80~95%、メルロ5~20%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド0~3%) 収 穫 全て手摘みで完全除梗   ※2006ヴィンテージ:    メルロー⇒2006年9月15日~22日    カベルネ・ソーヴィニョン⇒     9月27日から10月の第1週の終わりまで 醗 酵 ステンレス鋼と木の醗酵槽で18~25日間 熟 成 オーク樽(新樽率100%)で20ヶ月間  (※樽製造所を所有しており、自らの葡萄園で使用する樽を製造。) 諸処理 3ヵ月後との澱引き作業と瓶詰め前に卵白による清澄処理が行われ、わずかに濾過処理。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 伝統的な手法で醸造されたワインは、香り高い芳香と品格をもち、酸味のバランスのとれた繊細でエレガントな喉越しが女性的なスタイル。 熟成と共に複雑な味わいになり、洗練された喉越しと長い余韻のあるタイプ。 セカンド カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト 2006 ヴィンテージ 情報 ヴィンテージチャート:19/20点 WAヴィンテージガイド:87点 WSヴィンテージチャート:84~89点  ボルドーの2006年は春に暑く、夏に涼しかった年で、心地よいタンニンを備えた確実に熟成向きの赤ワインが誕生。 ※ボルドー委員会2006ヴィンテージ情報:    「偉大な品質」  2006年のボルドーの春は全般的に暑く乾燥しており、その後7月と9月はとても暑く、8月は逆に涼しいという対照的な天候でした。 カベルネ種は健全に熟し、色がしっかりとしており、新鮮な果実味は強烈で複雑性を備えており、メルロは出来が良く特にアロマが豊かで、タンニンの構造は収斂性を感じさせず心地良く、2006年のボルドーの赤ワインは確実に熟成向きです。 パーカー氏評価(2007.4):91~96点  2006年は全生産量の42%のみがグラン・ヴァン(CH.ラフィット・ロートシルト)となりました。  ラフィット・ロートシルト2006は、1988ヴィンテージを思い起こさせるタニックで、抑制された作品で、深いルビー/紫の色調をして、黒鉛、クレーム・ド・カシス、スパイス、微妙の木等の甘い芳香を漂わせ、適度な重さとコク、上品な酸味を伴った豊かな果実味と長い余韻を備え8~10年の熟成が必要でしょうし、、また、40~50年は持ちこたえるでしょう。 予想飲み頃は、2015年から2057年あたり。 スペクテーター誌評価(2007):92~94点(※バレル)  生き生きとして、長く、ブラックベリーの美しい芳香とコーヒーの軽い趣を漂わせ、甘草の趣も低く感じられ、重厚さとコクがあり、しっかりと構造化され力強く、余韻もとても長く長く続きます。 95~100点に近い評価です。 シャトーコメント(2008.1): *ヴィンテージ:  2006年は葡萄栽培家や醸造家の科学と忍耐を試し、めまぐるしい展開を示した至難な年でした。 ボルドー地方では冬に降雨が多く、凍てつくような寒さが数日あり、春は寒く、6月と7月は乾燥し非常に暑い月でした。 幸い、8月になり気候がより温和になりましたので、ブドウ果はゆっくりと成熟し、従って、昨年のように穏やかな収穫期に向かっていました。 しかし、9月に入って事態は急変し、夜間に雨が降りブドウ果が膨張しましたので、収穫の準備を速めざるを得なくなり、その結果、CH.ラフィット・ロートシルトでは9月15日に収穫を開始しました。 ブドウ品種別に成熟度が振り分けられていましたので、摘み取りは最適な条件で行われ、醸造されたワインは生気に満ちあふれ、かなりボディがありますので、バランスの良く取れた長期熟成型のワインとなることでしょう。(談:エリック・ド・ロートシルト男爵) *テイスティング;  寒非常に暗く美しい色しており、香りは控えめで、第一次香につづいて馥郁たる香りとかなりの濃密さが感じられ、口当たりは非常に美しい骨組みを持ち、力強く、タンニンの素晴らしい余韻で、さらに、良く溶けあった樽香が認められます。 シャトー・ラフィット・ロートシルト

シャトーラフィットロートシルト 2006 年 750ml フランス ボルドー赤 楽フェス ポイント2倍 新作入荷,新作入荷,HOT —— 44,900円

ボルドー格付け&生産地

シャトーレオヴィルバルトン 1986 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 数量限定,定番

CH.レオヴィル・バルトン 1986年  サン・ジュリアンのベイシュヴェルに位置する第2級格付けのシャトーで、同じサン・ジュリアンの第3級格付けのランゴア・バルトンとともにアイルランド系のワイン商バルトン家が2世紀に渡り所有しています。 1826年にCHレオヴィル(当時はバルトン、ラス・カーズ、ポワフェレは一つの畑))をヒュー・バルトン家が購入したことにより、レオヴィル・バルトンの歴史は始まり、1983年以降、アントニー・バルトンが現当主を務め、伝統的スタイルを頑なに守り続ける一方で、最新技術も導入し、可能な限りのランゴアとレオヴィル・バルトンのワインを高めることに全身全霊を注いでいます。 レオヴィル・バルトンはしなやかさと肉付きの良さをワインにもたらすメルロの比率が低く(1980年代半ばに引き上げられても20%)、一方、カベルネ・ソーヴィニョンの比率が高い(サン・ジュリアンのみならず、ボルドー全般としても高比率)ことが特徴です。 1980年代、1990年代には連続して素晴らしいワインを生み出すまでに向上しており、1985年以降、アントニー・バルトンは、レオヴィル・バルトンの伝統的スタイルを変化させるのでなく、一層、洗練されたワインに進化させ、今日では、サン・ジュリアンの最高級ワイン、スーパー・セカンドの中でも最もお値打ち品と位置付けられるまでになりました。(・・・詳細&一覧) Chateau Leoville Barton 1986 / Bordeaux Red Dry シャトー レオヴィル バルトン 格付け ボルドー・メドック地区格付第2級(1855年) A O C サン・ジュリアン 畑位置 サン・ジュリアン村サン・ジュリアン・ベイシュヴェル 畑面積 48ha 年間生産量 平均:26万4,000本 平均樹齢 30年 ブドウ品種 平均:カベルネ・ソーヴィニョン72%  メルロ20%  カベルネ・フラン8% 収 穫 全て手摘み収穫後、ただちにランゴア・バルトンに運搬。 醗 酵 温度管理機能付き木製大樽(約200HL容量)で15~21日間の醗酵とマセラシオン。 熟 成 オーク樽(新樽率50%)でおよそ20ヶ月間。 諸処理 清澄・ろ過処理を経て瓶詰め。 タイプ 赤のフルボディ 料理 チーズ 牛のヒレ肉の網焼きや牛ヒレのステーキ・バターソースや赤ワインソース、牛赤身肉のカツレツなどが合う。 チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。 セカンド ラ・レゼルヴ・ド・レオヴィル・バルトン

シャトーレオヴィルバルトン 1986 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 数量限定,定番 —— 18,200円